おいしい牛肉の食べ方の極意 トマトすき焼きを作る6つのこと - 「おいしい」のコツ - vol.31

vol.

「おいしい」のコツ

おいしい牛肉の食べ方の極意
トマトすき焼きを作る6つのこと

「実は一番おいしいトマトの食べ方では?」と
言っても過言ではないのが、「トマトすき焼き」です。
トマトの酸味と玉ねぎのシャキシャキ感によって、
サシの絡んだ牛肉がいくらでも食べられます。
「すき焼き」というと食卓にもよく登場するお料理ですが、
みなさんが「すき焼き」と呼んでいるものは、
どちらかというと「すき煮」や「お鍋」のようなもの。
牛肉をよりおいしく味わうためには、
“焼く”と“煮る”の間をイメージしていただければと思います。

おいしい牛肉の食べ方の極意 トマトすき焼きを作る6つのこと - 「おいしい」のコツ - vol.31

「おいしい」のコツ

vol.

おいしい牛肉の食べ方の極意
トマトすき焼きを作る6つのこと

「実は一番おいしいトマトの食べ方では?」と
言っても過言ではないのが、「トマトすき焼き」です。
トマトの酸味と玉ねぎのシャキシャキ感によって、
サシの絡んだ牛肉がいくらでも食べられます。
「すき焼き」というと食卓にもよく登場するお料理ですが、
みなさんが「すき焼き」と呼んでいるものは、
どちらかというと「すき煮」や「お鍋」のようなもの。
牛肉をよりおいしく味わうためには、
“焼く”と“煮る”の間をイメージしていただければと思います。

玉ねぎは繊維とは逆に切る

玉ねぎは繊維とは逆に切る

 玉ねぎを縦半分に切ってから切断面を下にして置き、3等分に切ります(1玉を6等分に)。少し厚いように思われるかもしれませんが、繊維と逆方向に野菜を切ると、繊維が切断されて柔らかくなります。逆に野菜の歯ごたえを残したい時は繊維の方向に切るようにしましょう。
 トマトはへたを取って縦に4等分に。この時、フルーツトマトや酸っぱいトマトなど、複数種のトマトを使うと、より複雑な旨みが出ます。

玉ねぎは繊維とは逆に切る

玉ねぎは繊維とは逆に切る

 玉ねぎを縦半分に切ってから切断面を下にして置き、3等分に切ります(1玉を6等分に)。少し厚いように思われるかもしれませんが、繊維と逆方向に野菜を切ると、繊維が切断されて柔らかくなります。逆に野菜の歯ごたえを残したい時は繊維の方向に切るようにしましょう。
 トマトはへたを取って縦に4等分に。この時、フルーツトマトや酸っぱいトマトなど、複数種のトマトを使うと、より複雑な旨みが出ます。

和洋の懸け橋になる調味料をプラス

 すきやき鍋にオリーブオイルを入れ、オイルが馴染んできたらにんにくを入れます。この後に具材を入れていくわけですが、実はここで入れるオリーブオイルとにんにくこそ、この料理の主役でもあります。
 両者の風味が、古き良きすきやきの味わいにイタリアっぽい感覚をプラスしてくれるからです。

和洋の懸け橋になる調味料をプラス

和洋の懸け橋になる調味料をプラス

和洋の懸け橋になる調味料をプラス

 すきやき鍋にオリーブオイルを入れ、オイルが馴染んできたらにんにくを入れます。この後に具材を入れていくわけですが、実はここで入れるオリーブオイルとにんにくこそ、この料理の主役でもあります。
 両者の風味が、古き良きすきやきの味わいにイタリアっぽい感覚をプラスしてくれるからです。

鍋の音に耳をすませる

鍋の音に耳をすませる

 オリーブオイルからさわさわと音がしてきたら、最初に味が沁み込みにくい玉ねぎとトマトを入れます。こういったシンプルな料理こそ、それぞれの素材の特性を見極めて火を入れなければ美味しい仕上がりは望めません。そのためにも鍋の音に常に耳を傾けましょう。
 観察し、比較し、そのデータを蓄積していくことが料理上手になるためのコツです。

鍋の音に耳をすませる

鍋の音に耳をすませる

 オリーブオイルからさわさわと音がしてきたら、最初に味が沁み込みにくい玉ねぎとトマトを入れます。こういったシンプルな料理こそ、それぞれの素材の特性を見極めて火を入れなければ美味しい仕上がりは望めません。そのためにも鍋の音に常に耳を傾けましょう。
 観察し、比較し、そのデータを蓄積していくことが料理上手になるためのコツです。

火を入れすぎない

火を入れすぎない

 次に鍋に割下を入れます。泡立ってきたら野菜を鍋の一方に寄せて牛肉を入れる場所を作り、空きスペースに広げた牛肉とバジルを入れます。この時、割下から出てくる泡は野菜から出た水分なので、その泡で肉を焼き煮にするようなイメージを持つと、肉が固くなりすぎず柔らかく仕上がります。お肉に火が通ったら出来上がりです。
 火を入れすぎない状態でどんどん召しあがっていただくのがこのお料理の極意。トマトは生でも食べられるものですから、冷たい部分が残っていてもおいしいですし、果肉がとろとろのジュース状になっても美味しいもの。状態の変化を楽しんで下さい。

火を入れすぎない

火を入れすぎない

 次に鍋に割下を入れます。泡立ってきたら野菜を鍋の一方に寄せて牛肉を入れる場所を作り、空きスペースに広げた牛肉とバジルを入れます。この時、割下から出てくる泡は野菜から出た水分なので、その泡で肉を焼き煮にするようなイメージを持つと、肉が固くなりすぎず柔らかく仕上がります。お肉に火が通ったら出来上がりです。
 火を入れすぎない状態でどんどん召しあがっていただくのがこのお料理の極意。トマトは生でも食べられるものですから、冷たい部分が残っていてもおいしいですし、果肉がとろとろのジュース状になっても美味しいもの。状態の変化を楽しんで下さい。

おいしい牛肉の火入れの仕方

おいしい牛肉の火入れの仕方

つける卵にも工夫を

 出来上がったすきやきは、溶き卵につけて食べますが、生卵が苦手な方のためにも、卵は軽く蒸してお出しするとよいでしょう。
 白身特有の生臭みが消えて黄身の粘性が増し、具材と絡みやすくなるのでお子様にもおすすめです。

つける卵にも工夫を

つける卵にも工夫を

つける卵にも工夫を

 出来上がったすきやきは、溶き卵につけて食べますが、生卵が苦手な方のためにも、卵は軽く蒸してお出しするとよいでしょう。
 白身特有の生臭みが消えて黄身の粘性が増し、具材と絡みやすくなるのでお子様にもおすすめです。

残った煮汁を活用した締めのメニュー

残った煮汁を活用した締めのメニュー

 残った煮汁には牛肉や野菜の旨みが溶け出しています。ここに赤ワインとトマトピューレを足し、塩や粉チーズで味を調えて下さい。ワインの渋みが加わることで、ぐっとソースっぽい味わいになります。
 出来上がったソースはパスタに絡めるもよし、パンにつけるのもよし。力強い味わいのソースになりますので、パスタなら、それに負けないフィットチーネなどの平麺を使うとよいでしょう。

残った煮汁を活用した締めのメニュー

残った煮汁を活用した締めのメニュー

 残った煮汁には牛肉や野菜の旨みが溶け出しています。ここに赤ワインとトマトピューレを足し、塩や粉チーズで味を調えて下さい。ワインの渋みが加わることで、ぐっとソースっぽい味わいになります。
 出来上がったソースはパスタに絡めるもよし、パンにつけるのもよし。力強い味わいのソースになりますので、パスタなら、それに負けないフィットチーネなどの平麺を使うとよいでしょう。

おいしいトマトすき焼きの作り方

以上の6つのコツをしっかり押さえたら、今度は映像で、おいしい「トマトすき焼き」の作り方を見てみましょう!

おいしいトマトすき焼きの作り方