春キャベツ、春雨、鰆を使ったおいしい酢の物を作る5つのコツ

vol.

「おいしい」のコツ

春キャベツ、春雨、鰆を使った
おいしい酢の物を作る5つのコツ

春から初夏の短い期間だけ出回る春キャベツは、
冬のキャベツとは品種も育て方も違い、巻きがゆるく葉はふんわり。
柔らかく、瑞々しい食感と優しい甘みを楽しむことができます。
生でサラダにしてもおいしいのですが、蒸すとさらに甘みが浮き立ちます。
やや大きめにザクザクと切って二杯酢で和え、サラダのような酢の物にします。
合わせる素材を、「春雨」と「鰆」にしたのは、
「今日は3つの春を合わせました」と話題性でも楽しんでいただくためです。
おいしさだけでなく、言葉遊びのように字面で季節を表現するのも
料理を楽しくする重要な要素なのです。

春キャベツ、春雨、鰆を使ったおいしい酢の物を作る5つのコツ

「おいしい」のコツ

42

春キャベツ、春雨、鰆を使った
おいしい酢の物を作る5つのコツ

春から初夏の短い期間だけ出回る春キャベツは、
冬のキャベツとは品種も育て方も違い、巻きがゆるく葉はふんわり。
柔らかく、瑞々しい食感と優しい甘みを楽しむことができます。
生でサラダにしてもおいしいのですが、蒸すとさらに甘みが浮き立ちます。
やや大きめにザクザクと切って二杯酢で和え、サラダのような酢の物にします。
合わせる素材を、「春雨」と「鰆」にしたのは、
「今日は3つの春を合わせました」と話題性でも楽しんでいただくためです。
おいしさだけでなく、言葉遊びのように字面で季節を表現するのも
料理を楽しくする重要な要素なのです。

春キャベツ、春雨、鰆を使ったおいしい酢の物を作る5つのコツ

春雨はお湯で戻し、鰆とキャベツは蒸す

 鰆は少し塩を振ってふんわりとした身質になるようにさっと蒸します。生でも柔らかな春キャベツですが、ちょっと蒸すと軸まで柔らかくなり、食べやすいのはもちろん、甘みも一段と増します。

春キャベツ、春雨、鰆を使ったおいしい酢の物を作る5つのコツ

春雨はお湯で戻し、鰆とキャベツは蒸す

 鰆は少し塩を振ってふんわりとした身質になるようにさっと蒸します。生でも柔らかな春キャベツですが、ちょっと蒸すと軸まで柔らかくなり、食べやすいのはもちろん、甘みも一段と増します。

醤油1:米酢1で二杯酢を作る

 春キャベツの甘みが引き立つよう、和える酢は、砂糖を加えない二杯酢にします。

春キャベツ、春雨、鰆を使ったおいしい酢の物を作る5つのコツ

春キャベツ、春雨、鰆を使ったおいしい酢の物を作る5つのコツ

醤油1:米酢1で二杯酢を作る

 春キャベツの甘みが引き立つよう、和える酢は、砂糖を加えない二杯酢にします。

春キャベツ、春雨、鰆を使ったおいしい酢の物を作る5つのコツ

生姜を刻み、二杯酢に加える

 春は新生姜の季節でもあります。瑞々しい生姜を細く切って針生姜にし、刻みたてを二杯酢に入れると生姜の香りが溶け込みます。

春キャベツ、春雨、鰆を使ったおいしい酢の物を作る5つのコツ

生姜を刻み、二杯酢に加える

 春は新生姜の季節でもあります。瑞々しい生姜を細く切って針生姜にし、刻みたてを二杯酢に入れると生姜の香りが溶け込みます。

春キャベツ、春雨、鰆を使ったおいしい酢の物を作る5つのコツ

蒸し上がった春キャベツを葉と軸の部位に分けて切る

 キャベツは場所によって厚さや硬さが違い、もちろん、味も食感も違います。軸の部分は繊維に沿って薄切りに、葉の部分は、2cm角くらいに切ります。
 同じ素材でも、部位の特性を活かすこのひと手間が重要。素材のおいしさを表現する気遣いが料理上達のコツです。

春キャベツ、春雨、鰆を使ったおいしい酢の物を作る5つのコツ

蒸し上がった春キャベツを葉と軸の部位に分けて切る

 キャベツは場所によって厚さや硬さが違い、もちろん、味も食感も違います。軸の部分は繊維に沿って薄切りに、葉の部分は、2cm角くらいに切ります。
 同じ素材でも、部位の特性を活かすこのひと手間が重要。素材のおいしさを表現する気遣いが料理上達のコツです。

春キャベツの下ごしらえ

春キャベツ、春雨、鰆を使ったおいしい酢の物を作る5つのコツ

春キャベツ、春雨、鰆を使ったおいしい酢の物を作る5つのコツ

キャベツ、鰆、春雨を二杯酢で和える

 二杯酢にキャベツを入れ、蒸した鰆を手でほぐしながら加えてしばらく味を馴染ませます。さらに、湯で戻してよく水分を切った春雨を加えて、木の芽を散らして器に盛りつけます。
 二杯酢をもう少しかけるか、あるいはスダチなどを絞っても良いでしょう。木の芽も春から初夏が旬。春の字合わせだけでなく、新生姜、木の芽など季節の出会いを楽しむ一品の出来上がりです。

春キャベツ、春雨、鰆を使ったおいしい酢の物を作る5つのコツ

キャベツ、鰆、春雨を二杯酢で和える

 二杯酢にキャベツを入れ、蒸した鰆を手でほぐしながら加えてしばらく味を馴染ませます。さらに、湯で戻してよく水分を切った春雨を加えて、木の芽を散らして器に盛りつけます。
 二杯酢をもう少しかけるか、あるいはスダチなどを絞っても良いでしょう。木の芽も春から初夏が旬。春の字合わせだけでなく、新生姜、木の芽など季節の出会いを楽しむ一品の出来上がりです。

おいしい春キャベツ、春雨、鰆の酢の物の作り方

以上5つのコツをしっかり押さえたら、今度は映像で、おいしい「春キャベツ、春雨、鰆の酢の物」の作り方を見てみましょう!

春キャベツ、春雨、鰆を使ったおいしい酢の物を作る5つのコツ