おいしいきのこのヘルシー天丼を作るための7つのコツ

vol.

「おいしい」のコツ

おいしいきのこのヘルシー天丼を作るための7つのコツ

おいしいけれど、カロリーが気になる天丼。
そこで、100gで20カロリー程度と、圧倒的に低カロリーの
キノコを使ったかき揚げを使えばよいのではと、このかき揚げ丼を考えました。
ほとんどが水分のキノコは、低カロリーなだけでなく、食物繊維、ビタミンや
ミネラルが豊富で、ダイエットや健康食としても注目されている食材です。
カラッと揚がるように衣を薄めに作るのがおいしさのコツです。
また、あっさり食べるために、甘い天つゆではなく、
葛でとろみをつけたポン酢をかけるのもポイント。
あっさり食べられますが、酸味があると食べ過ぎも防ぐことができますよ。

おいしいきのこのヘルシー天丼を作るための7つのコツ

「おいしい」のコツ

47

おいしいきのこのヘルシー天丼を作るための7つのコツ

おいしいけれど、カロリーが気になる天丼。
そこで、100gで20カロリー程度と、圧倒的に低カロリーの
キノコを使ったかき揚げを使えばよいのではと、このかき揚げ丼を考えました。
ほとんどが水分のキノコは、低カロリーなだけでなく、食物繊維、ビタミンや
ミネラルが豊富で、ダイエットや健康食としても注目されている食材です。
カラッと揚がるように衣を薄めに作るのがおいしさのコツです。
また、あっさり食べるために、甘い天つゆではなく、
葛でとろみをつけたポン酢をかけるのもポイント。
あっさり食べられますが、酸味があると食べ過ぎも防ぐことができますよ。

おいしいきのこのヘルシー天丼を作るための7つのコツ

かき揚げを作る

 何種類か揃えて、キノコ尽くしのかき揚げを作ってみましょう。かき揚げは、何か一つが主張しても面白くないし、かといって何かわからなくなってもつまらないものです。なので、キノコ類の下準備をする時は、食べやすさはもちろん、食感、香り、味などぞれぞれの個性を考えながら、バランスが取れるような厚さ、大きさにしてください。

おいしいきのこのヘルシー天丼を作るための7つのコツ

かき揚げを作る

 何種類か揃えて、キノコ尽くしのかき揚げを作ってみましょう。かき揚げは、何か一つが主張しても面白くないし、かといって何かわからなくなってもつまらないものです。なので、キノコ類の下準備をする時は、食べやすさはもちろん、食感、香り、味などぞれぞれの個性を考えながら、バランスが取れるような厚さ、大きさにしてください。

おいしいきのこのヘルシー天丼を作るための7つのコツ

衣を作る

 水100ccに卵の黄身だけを加え、ふるった粉を加え、さっくり混ぜて衣を作ります。具沢山のかき揚げの衣は、厚いとボリュームが出過ぎてしまいますから、薄めでさっくり食べられるような仕上がりを目指してください。

おいしいきのこのヘルシー天丼を作るための7つのコツ

衣を作る

 水100ccに卵の黄身だけを加え、ふるった粉を加え、さっくり混ぜて衣を作ります。具沢山のかき揚げの衣は、厚いとボリュームが出過ぎてしまいますから、薄めでさっくり食べられるような仕上がりを目指してください。

キノコ類を衣に加えて混ぜ合わす

 キノコ類はあらかじめ一人分ずつに器に分けておき、ここに2の衣を加えて混ぜ合わせます。

おいしいきのこのヘルシー天丼を作るための7つのコツ

おいしいきのこのヘルシー天丼を作るための7つのコツ

キノコ類を衣に加えて混ぜ合わす

 キノコ類はあらかじめ一人分ずつに器に分けておき、ここに2の衣を加えて混ぜ合わせます。

おいしいきのこのヘルシー天丼を作るための7つのコツ

かき揚げを揚げる

 かき揚げを家庭であげる場合、油の中でバラバラになる、形がきれいに揚がらないなど悩みがあるのではないでしょうか? そこでおすすめしたいのがこのやり方です。フライパンに、底のない型“セルクル”が浸かる程度の油を入れ、この枠の中に3を入れると、きれいに仕上げることができます。

おいしいきのこのヘルシー天丼を作るための7つのコツ

かき揚げを揚げる

 かき揚げを家庭であげる場合、油の中でバラバラになる、形がきれいに揚がらないなど悩みがあるのではないでしょうか? そこでおすすめしたいのがこのやり方です。フライパンに、底のない型“セルクル”が浸かる程度の油を入れ、この枠の中に3を入れると、きれいに仕上げることができます。

おいしいきのこのヘルシー天丼を作るための7つのコツ

油に入れる

 油の温度は160℃程度。表面が上がったらセルクルは簡単に外れます。火入りは、泡の大きさや勢いで予見できます。泡が小さくなり、浮いてきたら出来上がりです。

おいしいきのこのヘルシー天丼を作るための7つのコツ

油に入れる

 油の温度は160℃程度。表面が上がったらセルクルは簡単に外れます。火入りは、泡の大きさや勢いで予見できます。泡が小さくなり、浮いてきたら出来上がりです。

きのこのかき揚げの作り方

おいしいきのこのヘルシー天丼を作るための7つのコツ

タレを作る

 かき揚げを揚げている間に、タレを作ります。天つゆよりも甘さ控えめ、酸味のあるポン酢を温めて水溶き葛を加えてとろみをつけます。葛粉をつかうと、片栗粉より色や透明感が美しく仕上がるのでおすすめです。

おいしいきのこのヘルシー天丼を作るための7つのコツ

おいしいきのこのヘルシー天丼を作るための7つのコツ

タレを作る

 かき揚げを揚げている間に、タレを作ります。天つゆよりも甘さ控えめ、酸味のあるポン酢を温めて水溶き葛を加えてとろみをつけます。葛粉をつかうと、片栗粉より色や透明感が美しく仕上がるのでおすすめです。

おいしいきのこのヘルシー天丼を作るための7つのコツ

かき揚げをごはんの上にのせる

 かき揚げをのせるまえにご飯の上に策にタレを少し仕込んでからかき揚げをのせ、さらに上からかけて出来上がりです。

おいしいきのこのヘルシー天丼を作るための7つのコツ

かき揚げをごはんの上にのせる

 かき揚げをのせるまえにご飯の上に策にタレを少し仕込んでからかき揚げをのせ、さらに上からかけて出来上がりです。

きのこのヘルシー天丼の作り方

以上7つのコツをしっかり押さえたら、今度は映像で、おいしい「きのこのヘルシー天丼」の作り方を見てみましょう!

おいしいきのこのヘルシー天丼を作るための7つのコツ