鴨もどきの鶏むね肉を作るための6つのコツ

vol.

「おいしい」のコツ

鴨もどきの鶏むね肉を作るための6つのコツ

鶏むね肉=パサついているという先入観を吹き飛ばし、
思わず「おいしそう!」と食欲をそそるような仕上がりをめざします。
といっても、蒸して焼くだけと簡単です。
また、蒸すという加熱法は、オーブンやフライパンでの火入れよりも
低温かつ湿潤の状態で調理でき、淡白な肉の味をできるだけ
損なわないようにしながら中まで均等に火を入れるには最適です。
そして、皮と身を別々に火入れをし、皮はパリパリに、
身はこんがり香ばしく焼くことも
見た目からおいしさをアピールするポイントです。

鴨もどきの鶏むね肉を作るための6つのコツ

「おいしい」のコツ

47

鴨もどきの鶏むね肉を作るための6つのコツ

鶏むね肉=パサついているという先入観を吹き飛ばし、
思わず「おいしそう!」と食欲をそそるような仕上がりをめざします。
といっても、蒸して焼くだけと簡単です。
また、蒸すという加熱法は、オーブンやフライパンでの火入れよりも
低温かつ湿潤の状態で調理でき、淡白な肉の味をできるだけ
損なわないようにしながら中まで均等に火を入れるには最適です。
そして、皮と身を別々に火入れをし、皮はパリパリに、
身はこんがり香ばしく焼くことも
見た目からおいしさをアピールするポイントです。

鴨もどきの鶏むね肉を作るための6つのコツ

胸肉のそうじをしながら、形を整える

 まず、皮を剥ぎます。皮をつけたまま焼くと、皮ばかり焼けてしまい、身をパリッと香ばしくすることができないからです。
  また、筋のところから切り開いて大きさ、厚みをできるだけ均等にすると、火の入り具合に差がなくなります。
 仕上がりの美しさのためにも、きれいに整えてください。

鴨もどきの鶏むね肉を作るための6つのコツ

胸肉のそうじをしながら、形を整える

 まず、皮を剥ぎます。皮をつけたまま焼くと、皮ばかり焼けてしまい、身をパリッと香ばしくすることができないからです。
  また、筋のところから切り開いて大きさ、厚みをできるだけ均等にすると、火の入り具合に差がなくなります。
 仕上がりの美しさのためにも、きれいに整えてください。

身の大きさによって時間差をつけて蒸す

 淡白な胸肉じゃ、中まで火を通す場合、焼くという調理法だけでは、火が入りすぎてパサついてしまいます。
 そこで、あらかじめ蒸してしっとりふっくら火を入れておきます。
 蒸すときは、しっかり蒸気があがり、温度が安定してから入れます。
 大きな身は約20分、小さい身は約15分と時間差をつけましょう。

鴨もどきの鶏むね肉を作るための6つのコツ

鴨もどきの鶏むね肉を作るための6つのコツ

身の大きさによって時間差をつけて蒸す

 淡白な胸肉じゃ、中まで火を通す場合、焼くという調理法だけでは、火が入りすぎてパサついてしまいます。
 そこで、あらかじめ蒸してしっとりふっくら火を入れておきます。
 蒸すときは、しっかり蒸気があがり、温度が安定してから入れます。
 大きな身は約20分、小さい身は約15分と時間差をつけましょう。

鴨もどきの鶏むね肉を作るための6つのコツ

少量の油と鶏の脂を一緒に温め香りをつける

 皮は、できるだけ縮まらないよう内側から焼き、延ばしながら両面をパリッと焼きます。
 脂は落ちますが、カリカリと香ばしくなり食欲をそそる仕上がりに。
 掃除で取り除いた脂や皮からでる脂が出るので、その香りを少量の油に移し、身を焼くときに利用します。

鴨もどきの鶏むね肉を作るための6つのコツ

少量の油と鶏の脂を一緒に温め香りをつける

 皮は、できるだけ縮まらないよう内側から焼き、延ばしながら両面をパリッと焼きます。
 脂は落ちますが、カリカリと香ばしくなり食欲をそそる仕上がりに。
 掃除で取り除いた脂や皮からでる脂が出るので、その香りを少量の油に移し、身を焼くときに利用します。

鴨もどきの鶏むね肉を作るための6つのコツ

蒸した鶏むね肉を、冷めないうちに片面と側面に焼き色をつける

 すでに中まで火が入っているので、皿に盛るときに見える片面と側面にこんがりおいしそうな焼き色をつけます。
 側面はフライパンのカーブを利用して焼くといいでしょう。

鴨もどきの鶏むね肉を作るための6つのコツ

蒸した鶏むね肉を、冷めないうちに片面と側面に焼き色をつける

 すでに中まで火が入っているので、皿に盛るときに見える片面と側面にこんがりおいしそうな焼き色をつけます。
 側面はフライパンのカーブを利用して焼くといいでしょう。

鶏むね肉の焼き方

鴨もどきの鶏むね肉を作るための6つのコツ

表面がいい色にカリッと焼きあがったら、取り出して切り分ける

 カリッとした表面は切りにくいので、包丁を前後に細かく動かすときれいに切れます。
 一気に上から包丁を押すように切ると、表面が割れて見た目がきたなくなるので注意しましょう。

鴨もどきの鶏むね肉を作るための6つのコツ

鴨もどきの鶏むね肉を作るための6つのコツ

表面がいい色にカリッと焼きあがったら、取り出して切り分ける

 カリッとした表面は切りにくいので、包丁を前後に細かく動かすときれいに切れます。
 一気に上から包丁を押すように切ると、表面が割れて見た目がきたなくなるので注意しましょう。

鴨もどきの鶏むね肉を作るための6つのコツ

お皿に盛り、濃口醤油1:みりん1:酢の合わせ調味料を添える

 胡椒、一味、小口切りのネギ、大根おろし、パクチーなどの薬味を添えたり、ゴマだれ、ポン酢などで召し上がるなどあとはお好みでどうぞ。

鴨もどきの鶏むね肉を作るための6つのコツ

お皿に盛り、濃口醤油1:みりん1:酢の合わせ調味料を添える

 胡椒、一味、小口切りのネギ、大根おろし、パクチーなどの薬味を添えたり、ゴマだれ、ポン酢などで召し上がるなどあとはお好みでどうぞ。

鴨もどきの鶏むね肉の作り方

以上6つのコツをしっかり押さえたら、今度は映像で、おいしい「鴨もどきの鶏むね肉」の作り方を見てみましょう!

鴨もどきの鶏むね肉を作るための6つのコツ