e運動ゼミナール

運動をする前に、
その意味を知っているのと知らないとでは、結果が大きく変わります。
効率よく、効果的に運動を毎日の生活に取りいれるために、運動のメカニズムを勉強しましょう。

監修・解説|中京大学体育学部教授 湯浅景元

[ドリル編]これってウソ?ホント?

e健康ドリル

関節(身体)が硬いのは生まれつき?

生まれつき関節(身体)が硬い人は、関節(身体)を柔らかくできません。

  • ○ホント
  • ×ウソ
体操選手みたいな開脚なんて絶対にムリなのかな?
関節(身体)が硬いのは生まれつき?

関節の柔らかさは、生まれつきではなく、関節を取り巻く筋肉と腱の柔らかさで決まります。また、筋肉の強さにも関係してきます。これらの筋肉や腱が使われずに硬くなってしまったため結果として関節(身体)が硬くなってしまうのです。しかし、筋肉や腱は、ストレッチで少しずつ柔らかくすることができます。さらに、関節を取り巻く筋肉を強くさせると関節は柔らかくなります。

正解は×ウソ

正解はウソ。アタシも開脚運動ができるようになるかも!

解説のポイント
  • 関節の柔らかさを決めるのは、関節を取り巻く筋肉と腱の柔らかさ。
  • 筋肉の強さにも関係する。
  • ストレッチや筋トレで、関節を柔らかくすることができる。
  • 前へ
  • 次へ

ドリル編これってウソ?ホント?