サワラ/さわら

区分:魚介類

写真:サワラ

特徴

背の青いサバの仲間だが、身は白くて脂が少なく、やわらかく、淡泊で上品な味の魚。大きさによって呼び名が異なり、体長70㎝以上の成魚をサワラとよぶ。成長すると体長1mにもなる。背に青褐色の斑点があり、側線が不規則にカーブしているのが特徴。日本近海の広い海域でとれ、とくに瀬戸内海のものが有名。体長が50cmまでの若い魚は関東でサゴチ、関西でサゴシと呼ぶ。すぐに身割れしてしまうので、扱いが難しい。大きいので、店頭では切り身で売られている場合が多く、姿そのものを見る機会は少ない。通常、魚は頭に近いほどおいしいとされるが、さわらは脂肪が多いため、尾に近い方がおいしいとされる。

選び方

切り身なら皮肌がつやつやしていて、身に弾力があり、背の斑点の鮮やかなもの、血合いの色がはっきりしていてきれいなものがよい。腹側と尾に近い部分が脂がのって美味。

保存方法

保存する場合は、切り身をラップできっちりと包んで冷凍するとよい。またかす漬けやみそ漬けにして保存すると長持ちし、風味も高まる。

栄養

必須アミノ酸を多く含む良質のタンパク質。IPA(EPA)やDHA、カリウム、ナイアシン、ビタミンB2、ビタミンDも比較的多い。