シシャモ

区分:魚介類

写真:シシャモ

特徴

やや細長い体形をした小魚で、全長20cm以下である。口ひげはもたず、あごには小さな歯が並び、背びれの後ろに小さな脂びれを持つ。カペリン(カラフトシシャモ)とよく似ているが、鱗が大きく、鱗目がはっきりとしているため区別は容易につく。脂肪の量は多いが、味は淡泊で美味なものが多い。店頭で売られている子持ちシシャモのほとんどはカペリンである。

保存方法

冷蔵または冷凍

栄養

カルシウム、リン、亜鉛、ビタミンAなどが他の魚類と比較して高い値である。また、市販品は生干しなので食塩が1%程度含まれる。