焼き豚/チャーシュー

区分:肉加工品

写真:焼き豚

特徴

豚肉を太い棒状にしてたこ糸で縛ったり、ネットに入れて成型し、調味液につけ込み、炭火や直火で焼いたものである。中国では醤油、酒、砂糖(または蜜)、ネギ、ショウガなどを混合したたれに漬け込んだ後、串に刺してたれを何回かつけながら直火で焼く。チャーシュー麺には煮豚をチャーシューと呼んで使うことが多い。原料は豚の肩またはもも肉の肉塊で脂肪の少ない部分を使用する。肉加工品の中ではハム類およびベーコン類に属さないその他の製品に分類されている。

保存方法

冷蔵保存。切ったものは乾燥しないようにラップをしておく。

栄養

ビタミンB1、B2、B12、ナイアシンといったB群ビタミンが比較的多い。