牛乳

区分:乳類

写真:牛乳

特徴

牛の乳汁。品質は、乳等省令により厳しく規定されている。[種類別:牛乳]は、生乳を加熱殺菌したもので成分は調整されていない。乳脂肪分3.0%以上、無脂乳固形分8.0%以上と定められている。[種類別:成分調整牛乳]は、生乳から水分、乳脂肪分等を減らして成分調整したもの。無脂乳固形分8.0%以上で乳脂肪は4%以上の濃いものや、乳脂肪分2~3%のものがある。また、[種類別:加工乳]は、生乳、牛乳や脱脂粉乳にバター、クリームなどを加えて作ったもので、低脂肪乳と濃厚乳がある。

選び方

種類別に表示を見て、希望するものか確認する。賞味期限を確認する。温度管理がされているものを選ぶ。

保存方法

冷蔵(10℃以下)で保存するが、ロングライフミルクは開封しなければ2~3ヵ月間常温保存できる。

栄養

牛乳は、他のカルシウムを多く含む食品に比べ、カルシウムが豊富である。さらに、牛乳中のカルシウムは、吸収を助ける働きがあるリンと結合した形で存在しているため、吸収率が高まる。