清酒

区分:し好飲料類

写真:清酒

特徴

白米、米こうじ、水を用いて糖化と発酵を同時に行なう日本独自で発達した「並行複発酵」により造られる酒。精米歩合60%以下の白米と米こうじ、水、またはこれらと醸造アルコールを用いる「吟醸酒」、70%以下の白米米こうじ、醸造アルコール及び水を用いる「本醸造酒」、白米、米こうじ、水のみで作る「純米酒」に分類される。絞っただけで「火入れ」をしない「生酒」、「生詰酒」や低温貯蔵し出荷時に一度だけ火入れする「生貯蔵酒」がある。飲用温度は5℃から60℃程度まで幅広く、種類によって様々な飲み方ができる。

保存方法

直射日光や光を避け、冷暗所で保存する。生酒や生詰酒は冷蔵する。

栄養

水以外では炭水化物が主成分。アミノ酸、ビタミンB6、モリブデンやマンガンなどを含む。ポリフェノールのフェルラ酸やコウジ酸を含む。15%程度のアルコールを含む。