ぶどう酒/ワイン

区分:し好飲料類

写真:ぶどう酒

特徴

世界各地で飲まれているアルコール飲料。色の薄いブドウの果汁のみを発酵させた「白ワイン」、赤や紫など濃い色のブドウ果実を丸ごと潰して発酵させる「赤ワイン」、白と赤の中間的な色調の「ロゼワイン」に大別される。ブドウの種類や産地、発酵期間などにより様々な風味のものが作られている。

保存方法

光や30℃以上の高温、極端な低温は風味を損ね、品質を劣化させる。湿度70~75%,15℃程度が理想的保存条件である。コルク栓は乾燥させると空気が入り、酸化するので瓶は立てずに寝かせておくのがよい。

栄養

主成分は炭水化物とアルコール。カロリーは100gあたり73kcal(赤、白)、77kcal(ロゼ)。アルコール度数は12~14度程度。抗酸化作用があるとされるポリフェノールを含む。ポリフェノールは白ワインよりも赤ワインに多い。