みりん/味醂

区分:調味料及び香辛料類

写真:みりん

特徴

本みりんは、アルコールを14%程度含み、焼酎またはアルコールに米麹と蒸したもち米を加え、米の糖化をした後、搾って作られる甘いお酒の仲間。酒税がかかり価格が高くなるため、酒税のかからないみりん風調味料なども作られるようになった。みりん風調味料は発酵、熟成をせず、糖類やうま味調味料を混ぜて作る。アルコールは1%以下。発酵調味料はアルコールを含むが、塩分を加えて飲めないようにしたものでみりんタイプ調味料ともいう。

選び方

本みりんや本直しの場合は、料理の用途に合わせて風味の強いもの、甘みの強いものなどを選ぶ。

保存方法

開封後は、きちんとふたをしてアルコール分が飛ばないようにして、光の当たらないところに置く。冷蔵庫での保存は糖分がかたまる場合があるので望ましくない。

栄養

本みりんでは、糖類(ブドウ糖、麦芽糖、オリゴ糖など)が最も多く、アミノ酸(グルタミン酸、ロイシンなど)や有機酸(乳酸、クエン酸など)も含まれる。また、アルコールが14%程度含まれる。