マヨネーズ

区分:調味料及び香辛料類

写真:マヨネーズ

特徴

日本ではJAS法により植物油、食酢または柑橘果汁、卵、調味料で作った半固形状のドレッシングをマヨネーズとよぶと定められている。卵黄のみを用いたものが日本では主であるが、世界的には全卵を用いたものが多い。近年増えてきた低カロリータイプのものは保存料や増粘剤などを添加し、油の量を減らしているが、これらは「サラダクリーミードレッシング」、「その他半固体状ドレッシング」となり、マヨネーズとよぶことはできない。

保存方法

直射日光、高温を避け、常温で保存。開封後は冷蔵する。これは酸化を防止するためにも必要であるが、あまり温度を下げすぎると分離する場合があるのでドアポケットなど冷気が直接当たらないところに置くほうがよい。

栄養

脂肪が非常に多く、カロリーが高い。卵黄型ではコレステロールも多い。脂質の脂肪酸組成は原料とする植物油の種類により異なる。