ジャガイモ

区分:いも及びでん粉類

写真:ジャガイモ

特徴

地下茎が肥大してできる芋。現在20種類ほどの品種が栽培されている。主成分は炭水化物である加熱しても壊れにくいビタミンCや、カリウムが含まれる。家庭やレストランでも欠かせない野菜の一つで、肉じゃが、粉ふきいも、ポテトサラダ、カレー、グラタン、フライドポテトなど様々な料理に使われる。

選び方

走りのいもは水分が多くて固いが、3月頃になると味ものっておいしくなってくる。選ぶときは、形が良く(凹凸が少ない)、皮が薄くてつるりとしてシワや荒れのないもの、色むらのないものがよい(緑がかったものはえぐみが強いので避ける)。皮が緑色のじゃがいもは日に当たったもので、味が落ちる。

保存方法

保存は風通しの良い、涼しい所(15~22℃が適温)で。また有毒物質ソラニンの生成や芽が出るのを防ぐために、日光や室内光に当てないように気をつける。霜にあたると味が変わるので注意。

栄養

主成分はデンプンで、加熱しても損失が少ないビタミンC、カリウム、食物繊維を含む。