トウガラシ

区分:野菜類

写真:トウガラシ

特徴

辛みの強いトウガラシ(辛味種)からつくられる香辛料。辛味成分のカプサイシン含量は、品種によって大きな差がある。赤唐辛子は日本の唐辛子の中で最も辛味が強い、トウガラシを鷹の爪とよぶことがあるが1品種の名称である。ほとんどが赤く熟したものを乾燥させて用いられるが、青トウガラシのように色づく前に収穫するものもある。また、近年、激辛ブームの影響でハバネロやハラペーニョなど辛みの強い海外品種の栽培も行われるようになっている。

選び方

よく乾燥し、色が鮮やかでつやのあるもの。

保存方法

湿気をあたえないように、ビンなどに入れて冷蔵庫へ。

栄養

β-カロテン、ビタミンCが多い。ただし辛いので多量に食べることができない。辛味成分はカプサイシン。