シャンツァイ/コリアンダー/香菜、パクチー

区分:野菜類

写真:シャンツァイ/コリアンダー

特徴

茎や葉に独特の香りを持つ、ハーブの一種。ヨーロッパ型と東南アジア型があるがいずれも地中海東部が原産。好きな人と嫌いな人が明確にわかれる個性の強さだが、世界中で使われているハーブである。東南アジアではスープや麺、粥、サラダなどにたっぷりと使う。ヨーロッパでは肉や魚の臭み消しに使われる。西洋料理では、生葉以外に種子もスパイス(コリアンダーシード)として多用される。正式な和名はコエンドコロであるが、現在はあまり知られていない。

選び方

葉と軸ががきれいな緑色で、みずみずしいものがよい。

保存方法

乾燥しないようにポリ袋に入れ立てて野菜室へ。香りが薄くなるので早めに使う。

栄養

β-カロテン、ビタミンCなどを含む。地上部全体に精油成分を含んでいる。独特の香りはデシルアルデヒドとされる。