アボカド

区分:果実類

写真:アボカド

特徴

未熟なものは皮が緑で中が固いが、熟すと果皮が黒く、中は黄緑色でねっとりとした舌触りになる。甘みも酸味もなく、森のバターと呼ばれるように、脂肪が多い。このように炭水化物が少なく、脂質が多い果物はめずらしい。生で食べたり、サラダや寿司だね、ソースやディップなどに使われる。

選び方

味を左右するのは食べ頃。触ってみてやわらかいのは熟しすぎ。かたいのは未熟。果皮が黒くなりかけ、手で持つと軽い弾力を感じるものが食べ頃。かたいものでも、室温で4~5日すると追熟してやわらかくなる。

保存方法

熟したものは5℃程度で保存しておくと軟化を遅らせることができるが、追熟は室温で。

栄養

脂質を多く含むが、不飽和脂肪酸が豊富である。ビタミンA、C、Eを含む。