シメジ

区分:きのこ類

写真:シメジ

特徴

シメジというと本来は天然物のホンシメジをさす。ホンシメジは、秋に、コナラやアカマツの林の地上に群生する。煮物や鍋物、天ぷらなど秋冬の料理には特に欠かせないきのこである。1999年に人工栽培に成功し「大黒ホンシメジ」という商品名で市販されている。「ブナシメジ」はトチノキやカエデなどの朽木や倒木に自生するキノコであるが、現在の市販品は人工栽培品がほとんどである。歯切れがよく風味や味に癖が少ないため様々な料理に利用されている。

選び方

全体に密生した感じで房の大きさがそろい(極端に房の大小がないもの)、笠は濃い黒褐色(収穫されてから時間がたつと、色が淡くなり味も落ちる)で、軸は白くて下の方が太くしまっているものが新鮮。

保存方法

ラップで包み、保存袋に入れて冷蔵庫で保存。早めに使う。

栄養

ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸や鉄を含む。食物繊維は豊富で、カロリーは低い。うまみ成分の各種アミノ酸を含む。