マイタケ/舞茸

区分:きのこ類

写真:マイタケ

特徴

秋にミズナラやクリなどの切り株や幹の根本に寄生するきのこ。香りも味も優れており、歯触りもよいため、松茸、しめじ、しいたけと並び、日本の食用きのこを代表する。炒め物、鍋料理、天ぷらなどに用いられる。タンパク質分解酵素を多く含むので、茶碗蒸しなどに生のまま使うと、卵が固まらない。市販されているものはほとんどが栽培品。近年店頭で見かける白いマイタケはシロマイタケという近縁種。

選び方

白いものと黒っぽいものがあるが、どちらも全体にかたくしまって弾力があるものが良質。表面がベトついているものは避ける。

保存方法

きのこの中では水分が少ないために日持ちするほうだが、保存袋に入れて冷蔵庫で保存。早めに使う。使う状態に小分けして冷凍も可能。解凍せずそのまま調理する。

栄養

ビタミンB群(とくにナイアシン)、ビタミンD、亜鉛、銅、カリウムが多い。