e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

魚介類

アコウダイ

アコウダイ

分類 メバル科(フサカサゴ科)メバル属 
原産地 本州、四国の太平洋沿岸と新潟から山口沖の日本海に生息。
学名 Sebastes matsubarae
外国語名 rose fish, rockfish (英)
別名 アコウ、アコ、アカウオ(赤魚)、メヌケ
由来 赤い魚のアカウオが転訛したものと言われる。
歴史背景 かつては、煮付けは、関東では庶民的な惣菜として食されていた。また、味噌漬けなどの加工品も手軽なものであった。近年は資源の枯渇により超高級品となっている。加工品などは海外から輸入されたものが赤魚として売られている。
伝来 近海に生息。江戸時代以前から知られており、大和本草や本朝食鑑などにも赤い魚の記載がある。
時期 秋から春
国内分布 千葉、東京、神奈川、静岡 など
特徴 鮮やかな赤色の体色が特徴。体長は50cm程度。大陸棚の縁の500~700mの深い海に生息しており、釣り上げられると水圧の急激な変化により目玉が飛び出すことから「目抜け」の意味でメヌケともよばれる。
料理名 刺身、煮付け、塩焼き、西京焼き、潮汁、鍋物、ソテー など
選び方 触るとハリがあり、鮮やかに赤いもの、エラが鮮紅色のものが良い。
保存方法 冷蔵または冷凍。
栄養 タンパク質が主成分。脂質も多い。脂質にはIPA(EPA)やDHAを含む。