e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

魚介類

アラスカメヌケ

アラスカメヌケ

分類 メバル科(あるいは、フサカサゴ科)メバル属
原産地 宮城県から北海道の太平洋側、オホーツク海、ベーリング海からカリフォルニア南部 に生息。
学名 Sebastes alutus
外国語名 Pacific ocean-perch, Menuke rockfish, Longjaw rockfish (英)
別名 アカウオ(赤魚)、メヌケ
由来 アラスカでたくさんとれるメヌケ類であることから。メヌケは「目抜け」、水揚げの際の水圧の変化で目が飛び出すことから。
時期 加工品、冷凍品は通年。
国内分布 アメリカ、ロシア など
特徴 体長は50cm程度になる。体色は鮮やかな赤色。クセのない白身の魚で、アコウダイやタイセイヨウアカウオなどと共にアカウオ(赤魚)として流通している。粕漬けや味噌漬けなどに加工されるものが多い。近海でとれた鮮度が良いものは、刺身や洗いにもできる。
料理名 煮付け、塩焼き、漬け魚(粕漬、西京漬、味噌漬など)
加工品 粕漬け、西京漬、味噌漬け、開き干し など
選び方 身にハリのあるもの、赤く鮮やかなものがよい。
保存方法 冷蔵または冷凍。
栄養 タンパク質が主成分。脂質にはIPA(EPA)やDHAを含む。ビタミンB12やDが多い。