e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

穀類

オートミール/エンバク

オートミール/エンバク

分類 イネ科カラスムギ属(エンバク)
原産地 中央アジア(エンバクの原産地)
学名 Avena sativa(エンバクの学名)
外国語名 oatmeal (エンバクの英語名はoat)
別名 オートムギ、マカラスムギ(どちらもエンバクの別名)
由来 oatmealは、原料のエンバク(oat)を砕いて加工(meal)したものからと考えられる。
歴史背景 オートミールの加工はスコットランドで始まったとされる。19世紀後半に押し麦機が作られ、欧米に普及した。
伝来 明治期にヨーロッパから伝わったと考えられる。
国内分布 エンバクの生産量は、日本では北海道、海外ではロシア、カナダ、アメリカ、ポーランド、フィンランドなどが多い。
特徴 オートミールはエンバクの加工品で、これを用いて作った粥をさすこともある。また、エンバクを粉にしたものを意味する場合もある。オートミールには、エンバクの外皮を除いて精白し,乾燥後に煎ってから蒸気で加熱して圧扁ローラーで押しつぶした「ロールドオーツ(圧扁エンバク)」と精白、乾燥後にローラーで挽き割った「グラウンドオーツ」がある。欧米では朝食用のシリアルとして古くから利用されている。
料理名 クッキー、マフィン、パン、ポッリジ(水で煮て粥状にしたもの。ポレージとも言う。)、グラノーラ など。
加工品 グラノーラ(オートミールに穀物やナッツを加え、シロップや植物油を絡めてオーブンで焼いたもの)、ミューズリー(オートミールに穀物やナッツ、乾燥果物を加えたもの)、インスタントオートミール(湯でポリッジができるように加工したもの)など。
保存方法 湿気やすいので、密閉容器に保存するのがよい。直射日光があたるところや高温多湿なところに置かないようにする。
栄養 炭水化物が主成分。タンパク質は精白米よりも多い。脂質を含む。食物繊維やビタミンB1、マグネシウムなどが多い。