e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

魚介類

イボダイ

イボダイ

分類 イボダイ科イボダイ属
原産地 北海道から九州南部の太平洋側、日本海側、東シナ海の沿岸に生息。
学名 Psenopsis anomala
外国語名 Pacific rudderfish, Japanese butterfish (英)、刺鯧 (中)、肉鯽仔 (台湾) 
別名 エボダイ(東京、神奈川など)、ウオゼ(大阪)、ボウゼ(徳島)、シズ(瀬戸内海沿岸) など
由来 エラ蓋の後ろにある黒い斑紋をお灸の痕(灸痕)と見立て、灸痕を「疣生(いぼお)」とよぶことから。
時期 春から夏。
国内分布 愛媛、長崎、島根、山口 など。
特徴 体は楕円形で平たく、体高が高い。口はとがらず、頭部は丸い。体色はにぶい光沢のある銀灰色でエラ蓋の後ろに黒っぽい斑紋が一つある。
料理名 刺身、酢じめ、南蛮漬、塩焼き、煮付け、干物、ボウゼの姿寿司(徳島の郷土料理)
加工品 干物
選び方 鮮魚は、体表からネバネバした粘液を出す。この粘液が多く、透明なものは鮮度が良い。
保存方法 冷蔵または冷凍。
栄養 タンパク質が主成分。脂質が多い。脂質にはIPA(EPA)やDHAが含まれる。ビタミンAやカルシウム、鉄なども豊富。
備考 外観がよく似たバターフィッシュが輸入されており、シズやイボダイ(エボダイ)として売られているがマナガツオ科で別種である。シズはバターフィッシュの和名であるがイボダイの地方名のシズと混同しないよう注意が必要である。