e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

魚介類

ウマヅラハギ

ウマヅラハギ

分類 カワハギ科ウマヅラハギ属
原産地 北海道以南の日本近海、東シナ海に生息。
学名 Thamnaconus modestus
外国語名 Filefish, Leatherfish, Leatherjacket
別名 ウマヅラ、ハゲ 
由来 顔面が長く、馬の顔を連想させることから馬面のカワハギ、略してウマヅラハギの名になったとされる。
時期 秋から春
国内分布 宮城、福島 など
特徴 体型はカワハギに比べるとやや細長い。体色はやや薄い青灰色だが、個体差がある。ヒレは緑青色で、後頭部には1本の大きなトゲがある。肉質はクセが少ない白身で、カワハギよりやや身が固く、肝はやや大きい。肝は生食すると美味しい。
料理名 刺身、煮付け、汁物、鍋物、塩焼き、天ぷら など
選び方 皮がザラザラしており、目が澄んでいて模様が鮮明なものがよい。鮮度が良いほど皮がむきやすい。むき身の場合は、身にハリがあり、透明感があるものがよい。
保存方法 冷蔵または冷凍。
栄養 タンパク質が多く、脂質は非常に少ないため高タンパク低カロリーである。脂質にはIPA(EPA)やDHAを含む。ビタミンB6やDが多い。