e食材辞典

640以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

魚介類

オコゼ/オニオコゼ

オコゼ

分類 オニオコゼ科オニオコゼ属
原産地 本州中部以南の太平洋側、新潟以南の日本海側、瀬戸内海、東シナ海に生息。
学名 Lnimicus japonicus
外国語名 Devil stinger (英)
別名 ヤマノカミ
由来 「オコ」は顔が醜いこと、あるいは奇怪なことを示す語で、「ゼ」は魚名語尾とされる。オニオコゼは、鬼のように醜い顔の魚を意味する。
歴史背景 西日本や関西では古くから利用されていた。近年は、関東でも利用され、活魚は高値で取引される。
伝来 日本沿岸に生息。
時期 晩春から夏。冬も鍋物などに用いられる。
国内分布 九州、瀬戸内海など西日本。近年は中国からの冷凍品もある。
特徴 体長は30cm程度になる。体色は褐色であるが、生息する場所の違いで黒や赤褐色、黄褐色になる。口が上をむき、それぞれのひれが大きくとがっており、見た目は非常に醜い。鱗はなく、背ビレの棘に毒がある。調理の際は、棘ごと背ビレを先に切り落としておく。身は白身で脂質は少ないが、クセのないあっさりした味わいでうま味がある。
下処理 魚釣りでつり上げた場合は、注意して棘ごと背ビレを切り落とす。
料理名 刺身、唐揚げ、煮付け、汁物、鍋物 など
選び方 体色が鮮やかで、身にハリのあるものが良い。白っぽくて、ネバネバした液が出ているものは鮮度が低下している。
保存方法 冷蔵または冷凍。
栄養 タンパク質が主成分。脂質は非常に少ないが、IPA(EPA)、DHAを含む。ビタミンB12、D、Eを含む。