e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

魚介類

マコガレイ

マコガレイ

分類 カレイ科ツノガレイ属
原産地 北海道西岸から九州西岸の日本海、北海道南岸から土佐湾の太平洋岸、瀬戸内海、東シナ海などに生息。
学名 Limanda yokohamae
外国語名 marbled sole, flounder
別名 アマテガレイ(瀬戸内)、クチボソガレイ(山陰)
由来 「マコ」の由来は不明であるが、カレイは、古名のカラエイがカレイになったとする説や朝鮮半島周辺でとれた「韓エイ」が転訛したとする説、エイに似ているが痩せていることから「枯れエイ」が転訛したとする説などがある。学名のYokohamaはかつて横浜沿岸でよくとれたことからと言われる。
歴史背景 かつては冬から春にかけての子持ち(卵)を煮付けにして食べることが多く、漁獲も多かったためこの頃を旬としていたが、大型魚の肉質がよく美味であることから夏場が好まれるようになってきている。
時期 夏。子(卵)を持つのは冬であるが、夏の方が美味とされる。
国内分布 北海道、島根、兵庫、福島、宮城、山口 など。
特徴 カレイとして代表的な種。体長は50cm程度になる。裏面に黄色い部分が見られない。白身魚で、卵は冬場に持つが、身は水っぽく刺身などではおいしくないが、春になると肉付きが回復し、初夏には美味となる。有名な大分県の「城下ガレイ」は本種である。
料理名 刺身、煮付け、塩焼き、唐揚げ、ムニエル など。
選び方 からだに丸み、厚みのあるもの、触ると硬さのあるものが良い。
保存方法 冷蔵または冷凍。
栄養 主成分はタンパク質。脂質は少なく低カロリー。脂質にはIPA(EPA)やDHAを含む。