e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

魚介類

マゴチ

マゴチ

分類 コチ科コチ属
原産地 青森から九州南部の太平洋沿岸、若狭湾から九州南部の日本海や東シナ海沿岸、瀬戸内海に生息。
学名 Platycephalus sp.
外国語名 flathead (英)
別名 ホンゴチ、クロゴチ
由来 マゴチは、ヨシノゴチやメゴチに対して本当のと言う意味合いでコチの前に「真」を付けている。コチは骨(コツ)からで頭が大きく骨っぽいからであるとする説や昔の貴族や神官の正装である衣冠束帯の時、手に持つ「笏(コツ)」に形が似ているからと言う説もある。
時期 春から夏
特徴 体長は50cmから1m程度になる。体は押しつぶしたように左右に平たく細長い。口は大きく、下あごが上あごより前に出ている。目は小さく、頭はシャベルのような形である。白身の高級魚でほとんどは料理店で扱われる。味がよく、食感も楽しめる。両頬にある「コチの頬身」は珍味として珍重される。近縁種のヨシノゴチをシロゴチとよび、これに対してマゴチをクロゴチとよぶこともある。
料理名 刺身、洗い、煮付け、唐揚げ、天ぷら、塩焼き、ソテー
調理法 生、煮る、揚げる、焼く など
選び方 体にツヤがあり身が締まっているものがよい。腹が少し黄色みのある物が脂がのり、大きい物は身が締まっているとされる。また、生け締めよりも活魚が味、食感ともに良いとされる。
保存方法 冷蔵または冷凍。
栄養 主成分はタンパク質。脂質は少なく低カロリーである。脂質にはIPA(EPA)やDHAを含む。亜鉛やマグネシウム、ビタミンB6を含む。