e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

魚介類

メゴチ

メゴチ

分類 コチ科メゴチ属
原産地 青森から九州の日本海側、東シナ海、茨城以南の太平洋側、瀬戸内海。他に、朝鮮半島や台湾、中国南部など東アジアの沿岸に生息する。
学名 Suggrundus meerdervoortii
外国語名 Big-eyed flat-head
由来 眼(目)が大きいコチ(鯒)から。コチの語源は笏(こつ)と形が似ているから。また、骨っぽいから骨がなまったとする説もある。「鯒」の漢字は、敵に出会うと飛び跳ねるように逃げることからこの様を「踊る」として作られたとする説がある。
時期 冬から春。
国内分布 三重、静岡 など
特徴 海水魚。体長は最大で25cm程度になる。マゴチよりも小さい。マゴチより水っぽいとされるが、白身で、アラからは美味なだしがとれる。形態がよく似るが別種のネズミゴチ(ネズッポ科ネズッポ属)を特に釣り人や関東市場ではメゴチとよぶため混同されていることがある。
料理名 煮付け、塩焼き、唐揚げ、塩焼き、刺身、味噌汁 など
選び方 体色が濃く、身にハリのあるものを選ぶ。
保存方法 冷蔵または冷凍。
栄養 タンパク質が多く、脂質は少ない。脂質にはIPA(EPA)やDHAを含む。カリウム、マグネシウム、亜鉛、ビタミンB6を含む。