e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

魚介類

コノシロ

コノシロ

分類 コノシロ科コノシロ属
原産地 新潟、仙台以南、 朝鮮半島、台湾、南シナ海に生息する。
学名 Konosirus punctatus  (Temminck and Schlegel)
外国語名 Threadfin shad, Gizzard shad (英)
別名 ツナシ、ツナセ、シンコ、コハダ、ナカズミ
由来 飯の代わりになるほどとれたから「飯代魚」となったとする説や子供や娘の身代わりと言う意味から「子の代」や「娘の代」とよんだという説などがある。
歴史背景 武家社会では「コノシロを食う、焼く」が「この城を食う、焼く」に通じるとか、切腹の際に出される魚(腹切り魚)として敬遠されてきた。しかし寿司にするとおいしいので江戸の庶民は偽って「コハダ」とよぶようになったと言われている。
時期 秋から冬
国内分布 熊本、大阪、愛知、千葉
特徴 成魚では体長25~30cm程度になる。左右に平たく口が一番前にある。背側は銀色で腹側は白っぽい。河口部の汽水域や湾内に群れて生息する。白身魚であるが小骨がやや多い。成長によって名前が変わり、体長4~5cm程度をシンコ(新子)、7~10cm程度をコハダ(小鰭)、12~13cmをナカズミ、15cm以上をコノシロとよぶ。江戸前寿司での呼び名は、前述よりもう少し大きめになる。関東では、にぎり寿司のネタとして小ぶりのものが好まれ、関西では大型のものが多い。
料理名 酢じめ、焼き物、煮付け、寿司、このしろずし(姫路市)、粟漬け(関東)、あずまずし(広島)、ゴマ油焼き(韓国)など
加工品 酢漬け、すし
選び方 ウロコがはがれておらず、体に光沢があるもの。目が澄んでいて赤くなっていないもの。体にハリがあり、背側の点線模様のはっきりしているものが新鮮。
保存方法 冷蔵または冷凍
栄養 タンパク質が主成分。脂質にはIPA(EPA)やDHAが含まれる。鉄、銅、カルシウムやビタミンEも多い。