e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

魚介類

スケトウダラ

スケトウダラ

分類 タラ科マダラ属
原産地 北太平洋に分布。日本では茨城以北の太平洋側沿岸、日本海、オホーツク海などに生息。
学名 Theragra chalcogramma
外国語名 Alaska pollock (英)
別名 スケソウダラ
由来 漁に人手がいることから「助っ人鱈」の意味からとする説や佐渡島周辺で多くとれたことから佐渡(スケト)のタラという意味でスケトウダラになったとする説がある。
時期 冬。
国内分布 北海道、青森、岩手、宮城 など。アラスカやロシアからの輸入品もある。
特徴 海水魚。体長は70cm程度。背ビレは三つあり、体側には不規則な模様が筋状に並ぶ。身は白身で繊維質ではなく、ボロボロした感じがする。白子や卵巣も美味である。身を船上ですり身に加工する技術が開発され、冷凍保存したすり身は、カマボコや薩摩揚げなど練り製品の原料とされる。卵巣は塩蔵してタラコや辛子明太子などに加工される。
料理名 汁物、煮物、フライ、唐揚げ、ムニエル など
加工品 棒だら、塩蔵たらこ、辛子明太子、かまぼこ、冷凍フライ など
選び方 切り身の場合は、水分が出ていないもの、身にハリのあるものがよい。
栄養 タンパク質が主成分。脂質は少ないが、IPA(EPA)やDHAを含む。カリウム、カルシウム、ビタミンB12 、鉄を含む。