e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

魚介類

ハマフエフキ

ハマフエフキ

分類 フエフキダイ科フエフキダイ属
原産地 千葉県以南の太平洋沿岸、新潟県以南の日本海沿岸、伊豆諸島、沖縄、台湾などに生息。
学名 Lethrinus nebulosus
外国語名 Blue-streak emperor, Pigface bream (英)
別名 クチビ、シモフリフエフキ、ハマフエフキダイ、タマン(沖縄) など
由来 頭部の口周囲の形状が笛を吹いているような形であることから「フエフキ(笛吹き)」。ハマは、岸近くに生息することからとする説と大きいの意味とする説がある。
時期
国内分布 九州、四国、沖縄 など
特徴 熱帯系の魚で、熱帯地域では重要な食用魚の一つ。大きい物は1m近くなる。頭は突出してとがっており、ウロコは大きくて硬い。口の内側が赤い。沖縄では「タマン」とよばれ高級魚の一つにされる。上質な白身の魚で、身をおろすと血合いがきれいである。淡白でクセがなく、ほどよいうま味と脂がある。
料理名 刺身、ムニエル、塩焼き、煮付けなど
選び方 外観では判断がしにくい。エラの色や目の濁り具合などが参考になる。持ったときに尾がたれるような場合は避ける方がよい。
保存方法 冷蔵または冷凍。
栄養 主成分はタンパク質で、脂質は少ない。脂質にはIPA(EPA)やDHAを含む。ビタミンB12、Dが多い。