e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

魚介類

ヒラマサ

ヒラマサ

分類 アジ科ブリ属
原産地 北海道から九州の日本海沿岸、太平洋沿岸、瀬戸内海、東シナ海沿岸、伊豆諸島から小笠原諸島 などに生息する。
学名 Seriola lalandi Valenciennes
外国語名 Amberjack, Yellowtail (英)
別名 ヒラス、ヒラサ、ヒラソウジ、ヒラブリ など
由来 ブリと比べて左右に平たく、直線状に長いためとする説とブリより平たく、黄金色の縦の帯が柾目(直線状)であるためとする説がある。
歴史背景 ブリ、カンパチ、ヒラマサがブリ属の代表的な3種。養殖もされているが量は少ない。関東では釣りの対象魚としての人気が高い。
時期 春から夏。
特徴 形はブリやカンパチに似ているが、体が平たく、はっきりとした明るい黄色の縦帯が1本、体側に通っている。体長は1.5m程度になる。口もとの真上の三角の部分の角(上顎骨後縁上部)が丸く角張らない(ブリは角張りとがっている)ことで見分けることができる。ブリと同様の透明感のある白身で血合いもきれいである。
料理名 刺身、焼き物(塩焼き、ソテー)、煮付け、味噌汁、潮汁 など
選び方 体色の黄色が鮮やかではっきりしているもの、切り身の場合は白身に弾力とツヤのあるもので、赤身の部分がはっきりしているものがよい。
保存方法 冷蔵または冷凍。
栄養 タンパク質、脂質が多い。脂質にはIPA(EPA)やDHAを含む。カリウムやビタミンB12、Dが多い。