e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

魚介類

ボラ

ボラ

分類 ボラ科ボラ属
原産地 世界各地の温帯,熱帯に分布。日本では北海道以南に分布する。
学名 Mugil cephalus L.
外国語名 Flathead mullet, Gray mullet (英)
別名 イセゴイ(関西)、ナタネボラ(愛媛)、マボラ(広島)など
由来 形が角笛に似ていることからこれの胡語が転じてボラとなったという説や太腹(ほばら)が転じてボラとなったという説、頭を泥に突っ込んでえさを食べる様子から掘るが転じたという説などがある。
歴史背景 古くから食され、関西や西日本では味の良い魚として親しまれていた。関東では江戸から昭和初期に東京湾でも養殖され、高級魚とされていたが、昭和中期以降、河川や沿岸域の汚染により身が臭いと嫌われるようになっていた。
伝来 古代の貝塚から骨が発見されており、平城宮跡からは古名の名吉魚(ナヨシ、ミョウキチ)と記した木簡が出土するなど古くから食されていたことがうかがえる。
時期 秋から冬
特徴 体は細長く、頭部は平たい。内湾や汽水域に生息し、幼魚は河口から淡水域まで遡ることもある。肉は白身で歯ごたえがある。筋肉が発達した幽門(胃の出口)は「へそ」、「そろばん玉」とよばれ、独特の歯ごたえが好まれている。大きくなるにつれて呼び名が変わる出世魚としても知られている。地域により若干異なるが、幼魚をオボコ、18~30cmをイナ、30cm台をボラ、40cm以上をトドとよぶ。
料理名 刺身、鍋、塩焼き、フライ、ムニエルなど
加工品 カラスミはボラの卵を塩漬け、加工したもの。
選び方 大型で目と胸ビレがほぼ同じ高さにあって、ウロコがしっかりとついているもの。
栄養 高タンパク質、低脂肪でエネルギー量は低い。脂質の中にはIPA(EPA)、DHAを含む。ビタミンB12、A、Eを含む。
備考 <呼び名の例>関東:オボコ→イナッコ→スバシリ→イナ→ボラ→トド、関西:ハク→オボコ→スバシリ→イナ→ボラ→トド