e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

魚介類

ホンモロコ

ホンモロコ

分類 コイ科タモロコ属
原産地 琵琶湖
学名 Gnathopogon caerulescens Sauvage
別名 モロコ、ゴマモロコ、ヤナギモロコ
由来 漢字で書くと諸子。この「諸」に「多い」と言う意味があることから、「子の多い魚」に由来するという説がある。
時期 通年あるが、冬の子持ちモロコ(寒モロコ)が美味とされている。
国内分布 琵琶湖、養殖では埼玉県(行田市、加須市など)
特徴 体は細長く、大きなものは15cm程度にまでなる。琵琶湖の固有種であるが、諏訪湖、山中湖、奥多摩湖、三方五湖などにも移植されている。通常は沖合に生息し、産卵期に岸辺に移動する。琵琶湖では近年、外来魚による食害で漁獲量が激減しており高級魚になっている。このため、近縁種のタモロコの流通も多いが、味はかなり落ちる。
料理名 塩焼き
栄養 タンパク質が主成分。脂質にはIPA(EPA)とDHAが含まれる。骨ごと食べることができるので、その場合はカルシウムがとれる。