e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

魚介類

ムツ

ムツ

この食材のレシピ

分類 ムツ科ムツ属
原産地 北海道から九州の日本海および太平洋沿岸、東シナ海、台湾 などに生息。
学名 Scombrops boops
外国語名 Japanese bluefish, Bigeye (英)
別名 ロクノウオ、アブラムツ、ドロムツ、モツ、オンシラズ など
由来 脂がのっている魚で、脂っこいことを表す「むつこい」、「むっちり」などから名付けられたとされる。
時期 秋から冬。
国内分布 鹿児島、長崎、高知、東京 など
特徴 海水魚。クロムツとムツを合わせた総称として用いられることが多い。ムツは背が黒く、やや紫を帯びており、腹は薄い銀色。大きい物は50~60cm程度になる。クロムツはやや小さく茶色がかった黒であるが、区別が難しい。市場では区別せず大きさで取引されていることが多い。身は白身で、小さいものでも脂がのっている。卵巣は「むつ子」とよばれ珍重される。
料理名 刺身、煮つけ、塩焼き、あら汁、鍋物の具材、フライ など
選び方 眼が澄んでいて身にハリのあるものが鮮度がよい。切り身は淡いピンク色がよい。
保存方法 切り身は一切れずつラップをして冷蔵する。
栄養 タンパク質、脂質が多い。脂質にはIPA(EPA)やDHAが含まれる。ビタミンB12、Dを含む。