e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

魚介類

メルルーサ

メルルーサ

この食材のレシピ

分類 メルルーサ科メルルーサ属
原産地 南北アメリカの太平洋岸や大西洋岸に生息。
学名 Merluccius australis(ニュージーランドヘイク)、Merluccius capensis(ケープヘイク)
外国語名 Southern hake, Hake(ニュージーランドヘイク), Cape-hake(ケープヘイク) (英) 
別名 ヘイク
由来 メルルーサ(Merluza)はスペインでの名称。そのまま和名となったが、1種類ではなく数種の魚の総称である。
歴史背景 1960年代以降に輸入されるようになり、切り身として売られる他、惣菜やフィッシュバーガーのフライに用いられるようになった。
伝来 1960年代にケープヘイク、1975年頃からニュージーランドヘイクを日本船が漁獲し、国内へ持ち込んで利用されるようになった。
時期 通年
国内分布 ニュージーランドヘイク:ニュージーランド、ケープヘイク:南アフリカ、スペイン
特徴 海水魚。水深50~900mの大陸棚状に生息し、日本近海では見られない。数種の魚の総称で代表的なものにニュージーランドヘイク、ケープヘイクがある。体長は50,60cm~1m程度になる。白身の魚で脂は少なく、非常にあっさりとしている。フィレ(三枚おろし),ドレス(頭,内臓除去)に加工され、切り身やフライ用として用いられているため、魚体そのものを小売り店などで見ることはない。
料理名 フライ、ムニエル、唐揚げ、煮つけ など
加工品 フライ
選び方 変色やドリップ(汁)のないものがよい。
保存方法 冷凍。解凍品は冷蔵。
栄養 高タンパク質で脂質は非常に少ない。脂質中にはIPA(EPA)やDHAを含む。ビタミンB12、E、カルシウムなどを含む。