e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

魚介類

ヤツメウナギ/カワヤツメ

ヤツメウナギ

分類 ヤツメウナギ科カワヤツメ属
原産地 日本海側では島根県以北、太平洋側では茨城県以北に生息する。
学名 Lampetra japonicum
外国語名 Japanese lamprey (英)
由来 眼の後方に7対の鰓穴があり、眼のように見えることから本来の眼と併せて八目とよばれるとする説と秤の目盛りのように見えるのが八つあるから八目とする説がある。
歴史背景 古くから北海道、東北などの日本海側で食用とされてきたが、水質の汚染や護岸工事などによる生息環境の悪化で激減してきている。
時期 秋から冬
国内分布 北海道、青森、秋田、山形、新潟 など
特徴 細長くウナギのように見えるがウナギの仲間ではない。顎がなく吸盤状の口をもつ原始的な生物である。口は吸盤状で奥に歯をもち、他の魚の肉をはぎ取って食べたり、体液や血液を吸ったりする。肉は歯ごたえがあり、脂がのっているためレバーや魚油のような風味がある。
料理名 蒲焼、鍋物、汁物 など
加工品 干しヤツメウナギ、ヤツメウナギ乾燥粉末、肝油 など漢方薬に加工される。
選び方 活けが基本。
保存方法 冷凍保存は可能。
栄養 タンパク質、脂質が豊富。脂質にはIPA(EPA)やDHAを含む。レチノール(ビタミンA)が非常に多い。