e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

魚介類

バイ

バイ

分類 エゾバイ科バイ属(バイ)、エゾバイ科エゾバイ属(エッチュウバイ、ツバイ)
原産地 バイは本州、四国、九州沿岸、エッチュウバイは能登半島西岸以西の日本海、カガバイは能登より北の日本海、ツバイは日本海側各地に生息する。
学名 Babylonia japonica(バイ)、 Buccinum striatissimum(エッチュウバイ)、Buccinum bayan(カガバイ)Buccinum tsubai (ツバイ)
外国語名 Japanese ivory-shell, Japanese babylon(バイ) (英)、Finely-striated buccinm(エッチュウバイ) (英)
別名 クロバイ(バイ、ツバイ)、シロバイ(エッチュウバイ、カガバイ)
由来 巻き貝の基本的なもの、貝の音読みからバイとなったという説がある。
時期 バイは春から初夏。シロバイは冬。
国内分布 富山、石川、新潟、鳥取、島根、福井、秋田、等日本海側の各地、北海道 など
特徴 バイの殻は黄土色の地に濃い褐色の斑紋があるものが多いが、変異も大きい。エッチュウバイは殻が白っぽく、細い布目のような線がある。ツバイは日本海側では代表的な小型の巻貝で6cm程度になる。外観の変異が大きい。なお、「バイ」はバイ属やエゾバイ属の貝の総称としても用いられ、市場では色でクロバイ、シロバイなどとよばれていることが多い。
料理名 刺身、煮付け、酒蒸し、塩ゆで
加工品 味付缶詰
選び方 生きているものが原則。
保存方法 冷蔵または冷凍。
栄養 タンパク質が主成分。ビタミンB12、マグネシウムが多い。タウリン、ベタインを含む。
備考 石川県では「バイ」を殻の小豆色の模様から「アズキ貝」と呼んでいる。