e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

魚介類

ミルガイ/ミルクイ

ミルガイ

分類 バカガイ科ミルクイ属
原産地 日本全国に生息。
学名 Tresus keenae
外国語名 Keen's gaper, Otter-shell, mirugai clam (英)
別名 ミルクイガイ、本ミル
由来 水管部分にミルなどの海藻を着けていることがあり、貝がミルを食べているように見えることからミルクイとなったといわれる。海藻は松葉が集まったように見えることから海松といわれ漢字では「海松貝」と表記するようになった。
歴史背景 各地で獲れていたが、漁獲量は激減しており、小売店ではほとんど出回らない。近年は、別種で水管が白っぽいキヌマトイガイ科のナミガイを「白ミル」と称して代用されることが多い。
時期
国内分布 瀬戸内海、三河湾、東京湾など。 韓国や中国からの輸入も多い。
特徴 標準和名はミルクイ。潜ってとるような浅い海に生息する大型の二枚貝。殻長15cm程度になり、表面は暗褐色の殻膜におおわれる。体の後方にある水管が大きく発達しており、殻の中に入れることができない。水管は黒い皮におおわれている。主に利用されるのはこの水管部分。水管をゆでて皮をむいたものを刺身と称する。他の部位も煮たり、ゆでたりして用いられる。
料理名 刺身、寿司、塩焼き、ぬた、バター炒め、天ぷら、煮つけ など
選び方 水管が大きくて厚みのあるものがよい。
栄養 タンパク質が主成分。ビタミンB12が多い。カルシウム、マグネシウム、タウリンやベタインを含む。