e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

魚介類

タラバガニ

タラバガニ

分類 タラバガニ科タラバガニ属
原産地 日本海から北海道沿岸、オホーツク海、ベーリング海、アラスカからカナダ沿岸にかけての海域に分布する。
学名 Paralithodes camtschaticus
外国語名 king crab, Alaskan king crab
別名 キングクラブ
由来 マダラの漁でよくかかってきたことから、タラの漁場にいるカニで「鱈場蟹(たらばがに)」と名付けられたという。
時期
国内分布 北海道。ロシア、アラスカからの輸入が多い。
特徴 生物学的にはカニの仲間ではなくヤドカリに近い。甲羅や脚を太い棘が覆っている。脚は5対(10本)であるが,1対(2本)は甲羅の下に隠れており、外観上は4対(8本)である。甲羅は25cm程度、脚を広げると1m程度になるものもある大型カニ。脚の身が美味であるが、ミソはほとんどない。雄が雌よりも美味と言われる。外観が非常によく似た「アブラガニ」があるが、国内では漁獲されず輸入品である。また、根室で有名な「花咲ガニ」もタラバガニの仲間である。
料理名 刺身、しゃぶしゃぶ、鍋物、焼きガニ、グラタン、にぎりずし、フライ など
調理法 蒸す、ゆでる、焼く
加工品 冷凍、缶詰 など
選び方 長くて身が良く詰まった脚を選ぶ。冷凍物は持つと重量感を感じるものがよい。脚部、ハサミの殻がバサバサと乾燥した感じがあるものは鮮度が悪い。活けでは、体液の出ているものや動かないものは避ける方がよい。
保存方法 冷蔵または冷凍
栄養 タンパク質が多く、脂質は少ない。カルシウムが他の甲殻類と比較してやや多い。アスタキサンチン、タウリン、ベタインなどを含む。