e食材辞典

660以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

魚介類

ホタルイカ

ホタルイカ

この食材のレシピ

分類 ツツイカ目ホタルイカ(ホタルイカモドキ)科
原産地 富山湾、相模湾で獲られている。
学名 Watasenia scintillans
外国語名 Firefly squid, sparkling enope squid
別名 マツイカ
由来 発光器を備えた胴長5~7cmほどの小型のイカで、ホタルのように光るところから渡瀬庄三郎博士がホタルイカと命名した。
時期 3月から6月が旬となる。
国内分布 エンペラの先から足の先までの長さが茹で上げ後3センチ程度しかない小さなイカで、内臓もそのまま丸ごと食す。そのため特有の味わいがあり、春先の楽しみとなる。日本海全域の太平洋岸でも北海道から四国沖まで生息する。富山湾で名産となっている。現在では、相模湾でも獲られている。
特徴 胴長は7cmくらいの小型のいかであるが、胴、頭、腕の一部に約1000個の発光器を持つ。その発光のメカニズムはホタルと同じで、暗闇でも新聞の字が読めるほどに明るい。水揚げ後すぐにボイルされたものが多く流通する。近年は生きたまま運んだり、丸のまま刺身とする場合もある。
下処理 ボイルされたものは、そのまま食すことが多いが、料理によっては目など歯に触る部分を除く。
料理名 ホタルイカ辛子酢みそ和え、さくら煮、ホタルイカの炊き込み飯
調理法 ホタルイカのほろりと甘い味わいを堪能するには、生のまま、あるいは釜揚げにして、生姜醤油や山葵醤油で食べるとよい。酢みそ和え、煮物、佃煮、丸ごと漬け込んだ塩辛も美味。富山では、生のホタルイカを糸造りにした「竜宮そうめん」が珍重されている。
加工品 ボイル
選び方 ボイルされたものでも日持ちがしないのでできるだけ新しいものを入手する。
保存方法 冷凍
栄養 タンパク質が主成分。脂質も比較的多い。亜鉛、銅、ビタミンAが多い。