e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

魚介類

カマボコ/蒲鉾

カマボコ

この食材のレシピ

原産地 日本
外国語名 kamabokom, steamed fishi paste (英)
由来 かまぼこの原型は、今のちくわのように棒に巻き付けて作られていた。これが植物の「蒲の穂」に似ていることから、「がまのほ」と呼ばれた。また、蒲の穂は鉾(ほこ)のような形だったことから、「蒲」と「鉾」がくっついて「がまほこ」となり、やがて「かまぼこ(蒲鉾)」と呼ばれるようになったといわれている。
歴史背景 平安時代初期の古文書にかまぼこの記載がある。これ以前から魚のすり身を棒に付け、焼いて食べていたと推定される。
伝来 中国から伝わったと言う説もあるが、日本固有で発達したと言う説もあり定かではない。
時期 通年
国内分布 全国各地。小田原カマボコ(神奈川)、す巻きカマボコ(愛媛、香川、島根)、昆布巻きカマボコ(富山)、大阪焼きカマボコ(大阪)、みりん焼きカマボコ(福井)、白焼きカマボコ(山口)、なんば焼き(和歌山)、沖縄の練り物 など
特徴 練り上げたすり上がり身(すり身を塩ずりし、副材料を混合したもの)を成形する。板の上に塗りつけて作る板付きカマボコと板を用いないものがある。これを蒸すと「蒸しカマボコ」、焼くと「焼きカマボコ」となる。板につけず油で揚げたものは、「つけ揚げ」、「薩摩揚げ」、「天ぷら」とよばれる。
下処理 板付きのものは食べる分だけ板から外して切る。
料理名 そのまま食べる、板わさ、木の葉丼、サラダ、和え物、おでんなど
調理法 和える、煮る
選び方 賞味期限を確認し、温度管理がしっかりされているものを選ぶ。
保存方法 乾燥しないようにラップでくるみ、冷蔵庫で保存する。分厚いカマボコは冷凍すると食感を損ねることがあるので適さない。薄く切ったものや、薄いものは若干食感が変わるが冷凍も可能である。
栄養 タンパク質、糖質が多い。脂肪は少なく、カロリーは低い。塩分が比較的多いので、摂取制限のある人は取り過ぎに気をつける必要がある。
製造方法 すり身に副材料、調味料を加えて練り、板の上に塗る。これを蒸し器で蒸すと「蒸しカマボコ」、オーブンやバーナーで焼くと「焼きカマボコ」となる。
原材料名 スケトウダラ、イトヨリ、エソなどのすり身または冷凍すり身、砂糖、塩、デンプン