e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

魚介類

チクワ/竹輪

チクワ

この食材のレシピ

原産地 日本
外国語名 chikuwa, fishcake tube (英)
由来 もともとは「蒲鉾」とよばれていたが、「板付き蒲鉾」ができてから、両者を区別するため、竹の茎を芯にしてすり身を巻き付けて焼いたものを「竹輪」とよぶようになったと言われる。また、心棒を抜くと筒状になり、竹の切り口に似ているため名が付いたと言う説もある。
歴史背景 平安時代初期の古文書にかまぼこの記載がある。これ以前から魚のすり身を棒に付け、焼いて食べていたと推定される。
伝来 不詳
時期 通年
国内分布 全国各地にある。ぼたんちくわ(宮城、気仙沼)、豊橋ちくわ(愛知)、野焼き(島根、出雲地方)、豆腐ちくわ(鳥取)、竹つきちくわ(徳島)、イワシちくわ(長崎)、黄金ちくわ(長崎)、皮ちくわ(愛媛)、白ちくわ(東京)
特徴 魚のすり身を竹の棒か金属棒に巻き付け、回転させながら焼いたもの。仙台の笹かまぼこもちくわの仲間である。冷凍保存され、おでんなどの煮物に用いるものは「冷凍焼き竹輪」、冷凍せず、生食するものは「生竹輪」とよぶことがある。
下処理 特にない
料理名 おでん、筑前煮、煮物、磯辺揚げ(天ぷら)、サラダ、焼きそば、おつまみ など
調理法 そのまま食べる、煮る、焼く、揚げる、炒める、和える など
選び方 賞味期限を確認し、包装に傷みがないものを選ぶ。温度管理がきちんとされ、冷蔵庫で保管され、販売されているものを選ぶ。
保存方法 冷蔵庫で保存。おでんなど煮物用として売られている竹輪は冷凍も可能。
栄養 タンパク質、ミネラルなどが多い。高タンパク質、低カロリー、低コレステロールの食品であるが、塩分が多いので摂取制限のある人は、取り過ぎに注意する必要がある。
製造方法 すり身に調味料やデンプンを加えてよく練り、竹の棒または金属棒に巻き付け、回転させながら焼く。
原材料名 エソ、カマス、トビウオ、ハモ、サメなどのすり身、または、冷凍すり身(スケトウダラすり身)、デンプン、塩、砂糖、卵白、調味料 など