e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

魚介類

魚肉ソーセージ

魚肉ソーセージ

外国語名 fish sausage (英)
別名 フィッシュソーセージ
由来 大正時代から日本各地の水産試験場で魚肉を用いたハム、ソーセージ風食品の開発が行われ、1935年にマグロを用いたツナハム、1949年に愛媛県八幡浜市の西南開発工業協同組合が魚肉ソーセージの製造に成功した。
歴史背景 戦後、安価なことから、経済成長と食の洋風化に伴い生産・消費は急増し、1965年頃にピークを迎えた。その後,食品添加物の問題やスケトウダラすり身の急騰により畜肉ソーセージの安価な代用品としての価値が薄れ、消費、生産が減少した。現在は、低脂肪高タンパクでカルシウムやDHAなどを含むヘルシー志向の商品として見直されてきているが、生産量は最盛期の1/3程度になっている。
時期 通年
特徴 スケトウダラなどのすり身や魚肉ミンチ(原材料重量の50%以上)に食用油脂、調味料、香辛料、結着剤(デンプンや植物タンパク、卵白等)、酸化防止剤などを加えて練り合わせ、ケーシングに充填し、高温高圧殺菌したもの。畜肉ソーセージに似せてピンク色に着色されているものの他、原料魚種に由来した乳白色、茶色、灰色など様々な色のものがある。
料理名 そのまま食べる他、畜肉ソーセージと同じように焼いたり、炒めたり、ホットドッグの具材などに利用できる
選び方 包装に孔や傷のないもの、賞味期限内のものを選ぶ。
保存方法 常温保存できる。包装をはがした場合は冷蔵し、できるだけ早く使う。冷凍は食感を損ねる可能性がある。
栄養 タンパク質と炭水化物が主成分。脂質は畜肉ソーセージに比べて少なく、低カロリーである。カルシウム、ナトリウム、ビタミンB2が多い。また、DHAの摂取を目的にこれらを多く含む原料(赤身魚など)や魚油を加えて製造しているものもある。
製造方法 スケトウダラなどのすり身に食用油脂、調味料、香辛料、結着剤(デンプンや植物タンパク、卵白等)、酸化防止剤などを加えて練り合わせ、ケーシングに充填し、高温高圧殺菌する。
原材料名 魚肉すり身、魚肉ミンチ、調味料、香辛料、結着材料(デンプン、植物タンパク等)、食用油脂、酸化防止剤など