e食材辞典

掲載数は762!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

魚介類

アカザエビ/スキャンピ/ラングスティーヌ

アカザエビ

分類 アカザエビ科アカザエビ属
原産地 千葉県から宮崎県にかけての太平洋沿岸に生息。
学名 Metanephrops japonicus
外国語名 Japanese lobster (英)、Langoustine (仏)、Scampi (伊)
別名 テナガエビ、シャコエビ
由来 体色が植物の「アカザ」の赤い色合いに似ていることからとされる。
時期 冬から春
国内分布 神奈川、千葉、静岡、愛知、三重 など
特徴 全身が殻に覆われ、角と眼の横に鋭いとげがあるエビの一種。体長は25cm程度にまでなる。日本の太平洋沿岸の水深200~400mの深海に生息する固有種。東京湾、駿河湾、三河湾などで漁獲される。甘味があって美味である。和食の他フランス料理のラングスティーヌ、イタリア料理のスキャンピとしても用いられる。近縁種のサガミアカザエビやミナミアカザエビなども同じ海域で漁獲されるため区別されずに売られている。
料理名 塩ゆで、刺身、味噌汁の実、フライ、ソテー、ロースト、パエリア、スキャンピ(エビのガーリックバター炒め) ブイヤベース など
選び方 赤さと重みのあるもの、生きているものがよい。殻が変色しているものは避ける。
保存方法 冷蔵または冷凍。
栄養 タンパク質が主成分。脂質は少ない。ナトリウム、亜鉛、セレン、ビタミンB12などを含む。