e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

穀類

キヌア

キヌア

分類 ヒユ科アカザ属
原産地 コロンビアからボリビアのアンデス山脈とされる。
学名 Chenopodium quinoa
外国語名 quinoa (英)、Quínua (西)
別名 キノア (Quinoa)
由来 ケチュア語のkinwa(kinuwa)やスペイン語のquinuaからとされる。
歴史背景 5千年から7千年前から利用され、3、4千年前には栽培が始まっていたと考えられる。インカ文明では貴重な作物であった。栄養価が高く、健康食品としても関心がもたれている。
伝来 1980年代に雑穀米利用や水田転作用雑穀として輸入されたといわれる。
時期 通年
国内分布 ペルー、ボリビア、エクアドルが主。国内では北海道。
特徴 南米では古くから栽培されていた雑穀の一種。穂は品種により赤、黄、紫、白など様々な色がある。直径2mm程度の種子を脱穀して用いる。種子は平たく白っぽい円形である。表面にサポニンを多く含み苦味が強いため、水を替えながらよく洗って除去する。また、洗浄してサポニンを除去したものも市販されている。
料理名 スープ、リゾット、サラダのトッピング、フライの衣、パンケーキやクッキーの生地、白米に混ぜるなど。
加工品 味噌、醤油(小麦粉、大豆などのアレルギー対応食品)
保存方法 密封容器に入れ直射日光を避けて保存する。長期保存する場合は冷蔵。ゆでたり、炊いたりの加熱した物を冷凍しても良い。
栄養 炭水化物が主成分であるが、タンパク質や脂質も多く含み栄養価は高い。食物繊維、マグネシウム、鉄、亜鉛、ビタミンB群や葉酸を多く含む。サポニンを多く含むが、苦味が強いので水にさらして除去する。