e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

乳類

エバミルク/無糖練乳

エバミルク

この食材のレシピ

外国語名 evaporated whole milk (英)
由来 牛乳から水分を抜いてを濃縮する操作を英語でエバポレイト(evaporate)という。英語名をのエバポレーテッドホールミルクを縮めて「エバミルク」とよぶようになった。
歴史背景 生乳を加熱殺菌し煮詰めて半分以上濃縮し、成分を均質化させたのち缶などに詰め、再度加熱殺菌する。この製法はスイスのメインバーグが発明し、1885年に製品として売り出した。
国内分布 北海道
特徴 牛乳を砂糖を加えずにそのまま濃縮したもの。粘調度が高く、黄色味がある液体。乳等省令では乳固形分25.5%以上うち乳脂肪分7.5%以上と定められている。牛乳を1/2から1/2.5に加熱濃縮し、殺菌してあり、缶詰にしてあるため保存性が高い。
料理名 クリーム煮、クリームシチュー
調理法 そのまま使用する
選び方 賞味期限を確認する。
保存方法 開缶しなければ、室温で保存できるが、製造後1年以内に消費する。開缶したら清潔な容器に移し冷蔵保存し出来るだけはやく消費する。
栄養 牛乳を濃縮しているため、普通牛乳より栄養成分は多い。
製造方法 原料乳を1/2~1/3に濃縮後、均質化処理を行い、缶に充填・密封する。そのままでは保存性が悪いため、高温で滅菌し製造する。
原材料名 原料乳(牛乳、脱脂乳、脂肪、粉乳)