e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

油脂類

エゴマ油

エゴマ油

この食材のレシピ

外国語名 perila seeds oil (英)
別名 荏油、荏の油、シソ油
由来 エゴマの種子から搾った油であるから。
歴史背景 朝鮮半島では現在でも一般的に利用されている。日本でも古くから食用や灯明用として用いられてきたが、中世末期から菜種油の普及とともに利用は衰退した。近年は健康食品として注目されている。
国内分布 宮城、福島、長野、富山、宮崎など。輸入品は中国、韓国。
特徴 エゴマの種子から搾った油。食用にする他,古くは油紙や番傘にも用いられた。α-リノレン酸を非常に多く含むことから,健康によいとされ注目されるようになった。シソ油として売られているものも多くはエゴマ油である。
保存方法 開封前は冷暗所に保存する。開封後は酸化を防ぐために冷蔵庫で保存する。
栄養 不飽和脂肪酸のα-リノレン酸を多く含む。
製造方法 エゴマを160~210℃程度に加熱して圧搾する加熱搾油と、よく乾燥した種子を加熱せずに圧搾する非加熱搾油がある。
原材料名 エゴマの種子。