e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

菓子類

きびだんご

きびだんご

外国語名 kibidango (英)
由来 もともとは黍(キビ、イネ科の作物)の粉で作った団子や餅のようなものであったが、日持ちが悪く、江戸時代に岡山で考案された餅粉と砂糖を原料とするきび団子が有名になった。
伝来 きび団子は、岡山の廣榮堂が安政年間に考案したとされている。
特徴 きび団子はもち米の粉に砂糖と水飴を加え、少量の黍粉を風味づけに加え、熱を加えて練り上げ、団子状に仕上げたもの。表面にきな粉をまぶすものもある。また、日本各地で黍粉を加えずに餅粉と砂糖、水飴だけで同様に作り、短冊状にしたものが「きびだんご」と称する駄菓子として売られている。
栄養 炭水化物が主成分。銅、亜鉛を含む。和菓子としてはカロリーは高めである。