e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

菓子類

大福もち

大福もち

外国語名 daifuku-mochi (英)
由来 江戸中期頃にその形や腹持ちの良さから「腹太餅」と称されたのが転じて「大腹餅」、「大福餅」になったとする説や色や形が「大福長者」のように白く福々しいことから名付けられたとする説がある。
歴史背景 江戸時代、寛政年間に行商が焼きながら売り歩く餡餅が流行し、焼いたものを「大福餅」とよんでいた。18世紀末頃には甘い餡も作られたが、砂糖は高価なため塩餡も多かったという。
特徴 アズキ餡を餅で包んだ和菓子。餅はきめ細かくつかれたものか、餅粉を使う。餅に赤エンドウを混ぜ込んだ豆大福やヨモギを入れてついた草大福、餡の中にイチゴや果実を入れたもの、餡の代わりにカスタードクリームを入れたものなど多くのバリエーションがある。
保存方法 冷蔵すると硬くなるので、冷凍保存する方がよい。解凍は自然解凍。電子レンジを用いると餅が軟らかくなりすぎてとろける場合がある。なお、フルーツの入ったものは冷凍するとその食感が変わるので適さない。
栄養 主成分は炭水化物。銅や食物繊維などを含む。